気づきつづり

ボーっとしているときにフワッと湧く気づき。それをどこかにつづりたくて・・・

6月22日

去年はハワイに行った。

一昨年は初めてのタイへ。

そのまた前の年は軽井沢へ。

そのまた前の年、初めて誕生日は特別に過ごそうと決意し始めて1人で軽井沢へ。

 

この4年、恒例にしてきた。

年々、グレードアップさせて来た。

年々、グレードアップするものと信じて疑わなかった。

 

今日、6月22日、私はここ2カ月間の同じような時間の過ごし方で

気力のない無職のまま昼過ぎまで顔も洗わない状態で家にいる。

 

今までにないと感じるくらいに自分の次元、時空が変わったと感じた時も

何度もあったのに。

もしかしたら、それこそが自力でありのままを受け入れずにあがいている証拠なのかしら。

だとしたらあまりにも悲し過ぎるじゃない?

 

それでも私はまだ信じている。心の底に虹が見える。

 

必死に向き合って自分を認め受け入れて励ましてポジティブなアファメーションをし

本当に疑いも一切なくなって、そして、また落ちる。

これは間違いなくホメオスタシス現象。元の状態に戻して維持しようとする機能が働いている。

それが苦しくて変えようとしているのに、これをエゴの仕業と言うのか科学的に解明されている起きて仕方のない機能。脳なのかどこなのか知らないけど元の状態が安定していると見なして起こる。 

 

だからこれを「私がダメ人間だからなんだ」と決定する現実にはしないこと。

ただ人間誰しもがもっている機能が働いているところなんだと理解する。

 

心のどこかで「どこで私はせっかく、やっと乗れたビックウェーヴから降りてしまったんだろうか?」と疑っている。

そして「いや、違う。疑わないで。良くないから。まだ乗っている最中よ。」

と言ってみる。

この2つでどちらが自然で正直かと問うと前者。それでいい。

本当のところは分からないじゃないか。

 

今、私が体験している現象を1つずつ解明して乗り切れたら同じように

苦しんでいる人たちに教えてあげたい。

 

今日、Facebookで友達になった松川さん。

投稿を読んでいると似たようなところをお持ちのような気がして。

笑顔がとっても素敵で素晴らしい女性。

大きな飛躍、分厚い壁を突破しようとしている最中に見受けられる。

きっと私もそう。

 

苦しい時、ままならない時、私は私が生まれて来た目的を生きているんだと思う。

誰かのせいじゃなくて、これを味わうために生まれてきているんだから間違いなし。

ただ、私が生まれてきた大きな目的はそれだけじゃない。

それもわかっている。

楽しむこと。活き活きと颯爽と生きること。感動し涙し笑い転げること。

どちらかだけしかないってことではないってこと。

 

f:id:tokidokihighfive:20170622153030j:plain

広告を非表示にする