気づきつづり

ボーっとしているときにフワッと湧く気づき。それをどこかにつづりたくて・・・

持っていない。

以前、私は何も持ってない。

と思って打ちのめされたことがある。


周りの人と比べたから そうなった訳で。

 

経験も方書きもキャリアも家族も貯金も 

良好な人間関係もやりたいことも希望も

と、次から次へと 何から何まで。 


あの時はひどく打ちのめされて2週間位はショック状態だったな。


しかし今日、ふと

何にも持ってないって そんなに悪いこと?

むしろ何にも持ってないって素晴らしくない?

だった。


f:id:tokidokihighfive:20170916123311j:plain

まぬけ

今日、職場で役職ある人が最近、移動になった20代の男性職員の事を

いなくなった まぬけと言った。


私からすると

あなたもIQの高い人だけど

十分まぬけでは?と思った。


今までにも何人かに そう思った事がある。

面白いなー。


人のことを言う人は

言ってることがその人まんまのようだ。


口にこそ出してないけど

あなたがね。と腹の中で思っている私も

まぬけなんだよな。と思った。


f:id:tokidokihighfive:20170915235440j:plain



欲と情熱

今朝、気づいたことは2つ。

1つは「変わることを相当、怖がっているな、私。」

 

2つ目は「欲は悪いこと、いけないこと、罪、明らかにしては恥。

情熱はいい。情熱は良いこと。というのが私に中で頑固な常識に

なっているんだな。」だった。

 

では、欲と情熱の定義の違いは何だ?と自問したら即答できなかった。

違うよなぁという感覚は感じられるような気がしてるけど

ここで明確に違いを言語化できると、もっと本当に自分が望んでいる

ことが明確になるんじゃないかな。

 

ここの所が曖昧でごっちゃになっているから中途半端で

情熱さえ感じられなくなって分からなくなっているような気がした。

まずは欲が悪いこと、とする前提をやめてみよう。

欲は何も悪くないよ。物欲、性欲、承認欲、他にもものすごく沢山

あると思う。

欲は悪、情熱は善、という曖昧な線引きを外して、まずは自分の

感じている、持っている欲求をあるままに「持ってるねぇ」と

悪とせずに感じてみる。

きっと、そのうち、情熱に出会えるんじゃないかな。

否定しているから感じられなくなっていたんじゃないかな。

 

f:id:tokidokihighfive:20170817113511j:plain

あなたの為はニセモノ

自分の経験と体験上、

そして人の言動を観察した上で、


人のため、と考えてする事には

ほぼ、間違いなく それは自分のためを

すり替えて事をコントロールしようとしている基がある。


あなたの言動は誰々さんに対して迷惑じゃないかしら?という私が受けた注意も


私がした、誰々さんが大変だから

こうしたら如何かしら?の提案も


基にあるのは自分の都合や自分が悪くなりたくないから、とか理由がある。


注意や提案のすべてが偽物ではない。

それは感じ取れる。

しかし、偽物と感じた時、どーすればいい?


自分がしたニセの思いやりは

ただひたすら ずるかったね。と認めて自分を受け入れる。


多分、本物の人のためになること、思いやりは


理由も理屈も説明もつかないもの。


きっと私にも本物の思いやり、誰かのため

は出来てたかもしれない。

記憶してないから、説明できないから

無いのではない。

本物だったら自分には残らないものなんじゃないかな。

だから、もしかしたら自分は誰のためにも何の思いやりも持てない人間なんじゃないかと恐れずに

自分を信じて

ここに決意する。


私は誰かのために、人のためにと意識する事はもうしない。

自分のために、と思うことだけする。

6月22日

去年はハワイに行った。

一昨年は初めてのタイへ。

そのまた前の年は軽井沢へ。

そのまた前の年、初めて誕生日は特別に過ごそうと決意し始めて1人で軽井沢へ。

 

この4年、恒例にしてきた。

年々、グレードアップさせて来た。

年々、グレードアップするものと信じて疑わなかった。

 

今日、6月22日、私はここ2カ月間の同じような時間の過ごし方で

気力のない無職のまま昼過ぎまで顔も洗わない状態で家にいる。

 

今までにないと感じるくらいに自分の次元、時空が変わったと感じた時も

何度もあったのに。

もしかしたら、それこそが自力でありのままを受け入れずにあがいている証拠なのかしら。

だとしたらあまりにも悲し過ぎるじゃない?

 

それでも私はまだ信じている。心の底に虹が見える。

 

必死に向き合って自分を認め受け入れて励ましてポジティブなアファメーションをし

本当に疑いも一切なくなって、そして、また落ちる。

これは間違いなくホメオスタシス現象。元の状態に戻して維持しようとする機能が働いている。

それが苦しくて変えようとしているのに、これをエゴの仕業と言うのか科学的に解明されている起きて仕方のない機能。脳なのかどこなのか知らないけど元の状態が安定していると見なして起こる。 

 

だからこれを「私がダメ人間だからなんだ」と決定する現実にはしないこと。

ただ人間誰しもがもっている機能が働いているところなんだと理解する。

 

心のどこかで「どこで私はせっかく、やっと乗れたビックウェーヴから降りてしまったんだろうか?」と疑っている。

そして「いや、違う。疑わないで。良くないから。まだ乗っている最中よ。」

と言ってみる。

この2つでどちらが自然で正直かと問うと前者。それでいい。

本当のところは分からないじゃないか。

 

今、私が体験している現象を1つずつ解明して乗り切れたら同じように

苦しんでいる人たちに教えてあげたい。

 

今日、Facebookで友達になった松川さん。

投稿を読んでいると似たようなところをお持ちのような気がして。

笑顔がとっても素敵で素晴らしい女性。

大きな飛躍、分厚い壁を突破しようとしている最中に見受けられる。

きっと私もそう。

 

苦しい時、ままならない時、私は私が生まれて来た目的を生きているんだと思う。

誰かのせいじゃなくて、これを味わうために生まれてきているんだから間違いなし。

ただ、私が生まれてきた大きな目的はそれだけじゃない。

それもわかっている。

楽しむこと。活き活きと颯爽と生きること。感動し涙し笑い転げること。

どちらかだけしかないってことではないってこと。

 

f:id:tokidokihighfive:20170622153030j:plain

気づく先の世界

気づき

それは解放。


気づき

それは終わり。

気づいたことが腑に落ちた時、気づかずに自分を縛りつけていた思考への執着が溶けだす。固着していたエネルギーがゆるみだす。

握りしめていたために固く狭くなっていた世界が終わる。


気づき

それは始まり。

それまでの視界が消えて新しい世界が見えだす。


気づきは

ささやかでシンプル。

ごく日常の中で感じる小さなこと。

その小さな気づきに世界を変える大きなパワーと言うか、流れの始まりがあると思う。


私たちは生まれて間もなくから学校でも

社会に適応するように しつけられ教育される。

そんな世界に生まれてることで挑戦している。

みんな勇敢。

戦うのではなく、諦めるのではなく、

知らない、気づいていない世界が いっぱいあるんだ。

あるのかもしれない。と好奇心で自他を見たら

どんな世界が見えてくるのだろう。


私は もっと もっと 知りたいな。